ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

あす17日から全国高校総体・競泳

県勢戦力 女子背泳ぎ 秀野由(新田)・桑村(松山城南)が表彰台か

2019年8月16日(金)(愛媛新聞)

 

 全国高校総体(インターハイ)の競泳は17日から4日間、熊本市総合屋内プールで行われる。愛媛からは個人種目に男子11人、女子13人、リレーは男女計3校が出場する。愛媛勢の戦力を紹介する。

 

 【男子】1年生で出場する50メートル自由形の一色(済美)と竹内(新居浜東)、100メートル背泳ぎの杉本(今治北)は今後につながるレースにできるか。一色は200メートル個人メドレーでも力泳に注目が集まる。400メートル個人メドレーは、背泳ぎでも力をつけている市川(八幡浜)が勢いそのままに上位進出を狙いたい。

 リレー3種目は八幡浜が出場。チームワークを見せられるか。

 

 【女子】50、100メートル自由形に3年連続出場の菅原(松山北)は決勝進出を目指す。背泳ぎは昨年100メートルで5位、200メートルで3位の秀野由(新田)と、200メートルで5位入賞した桑村(松山城南)に2人そろっての表彰台が期待される。200メートルは三好(八幡浜)の泳ぎにも注目したい。

 100メートル平泳ぎは浅川(新田)がB決勝以上を目標に、バタフライの100、200メートルは国体優勝経験のある平田(八幡浜)が高校生選手としての有終の美を飾りたい。1年生の中岡(八幡浜)の力泳も見どころ。200、400メートル個人メドレーの泉(八幡浜)は決勝に進出したい。

 リレー種目は400メートルと400メートルメドレーで八幡浜と新田が躍進できるか。互いに上位を狙いたい。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。