ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

8月24、25日

内子座文楽 第23回公演

2019年8月16日(金)(愛媛新聞)

 

 8月24、25の両日、内子の内子座。西予市出身の人形浄瑠璃文楽人形遣いで、重要無形文化財保持者(人間国宝)の吉田和生さんのほか、太夫・豊竹呂太夫さん、三味線・豊澤富助さんらが出演する。両日とも午前午後の2回ずつ公演。演目は、午前(10時開演)が「釣女」と、「平家女御島」より「鬼界が島の段」。午後(2時開演)が「二人禿」と、「曽根崎心中」より「生玉社前の段」「天満屋の段」「天神森の段」。観劇料は全席指定で松席8千円、特竹席7千円、竹席5千円、梅席3千円。内子座文楽公演実行委員会事務局=0893(44)2114

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。