ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

台風10号、15日昼前から最接近

記録的な降水量になる恐れ 松山地方気象台が説明会

2019年8月14日(水)(愛媛新聞)

台風10号の進路予測について説明する松山地方気象台の予報官=14日午前11時5分ごろ、松山市北持田町

台風10号の進路予測について説明する松山地方気象台の予報官=14日午前11時5分ごろ、松山市北持田町

 大型の台風10号は14日午前、鹿児島県種子島の南東約270キロを時速15キロで北北西に進んでいる。松山地方気象台は同日午前11時から台風10号に関する説明会を開き、愛媛県内には15日昼前から昼すぎにかけて最接近し、台風周辺の発達した雨雲の影響で記録的な降水量となる可能性が高いと指摘。最新の進路予報や気象情報、危険度分布などを活用し、早めの避難や安全確保を呼び掛けている。

 JR四国は14日、15日始発から終日、四国の全ての列車の運転を見合わせると発表した。

 気象台によると、台風周辺の強い雨雲に加え速度が遅いため、15日を中心に県内で長時間にわたって記録的な大雨が降り、河川の増水・氾濫や土砂災害などが発生する恐れがある。中心付近に風雨が弱い領域が広がり、最接近前後には一時的に風雨が弱まる場合もあるとし「油断や安心をして外出しないよう、注意、警戒を続けてほしい」と訴えた。

 気象台の西村修司台長は、昨年の西日本豪雨に匹敵する被害が出る可能性にも触れ「早めの避難など自分の命を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。