ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
819日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島・遊子

段畑に幻想的な光 灯籠1100個を点灯

2019年8月14日(水)(愛媛新聞)

約1100個の灯籠が段畑で優しい光を放った夕涼み会

約1100個の灯籠が段畑で優しい光を放った夕涼み会

 国の重要文化的景観に選ばれている愛媛県宇和島市遊子水荷浦地区の段畑を灯籠約1100個の光で飾るイベント「遊子 段畑夕涼み会」が10日夜にあり、幻想的な空間が来場者を楽しませた。

 夏の夜を楽しんでもらおうと、地元自治会などでつくる実行委員会が2006年から毎年実施している。

 午後6時ごろ、実行委のメンバーや地元住民らが手分けして段畑に上がり、ろうそくの入った竹灯籠に次々点火。周囲が段々暗くなった午後7時すぎから灯火が石垣などを優しく照らした。

 訪れた家族連れらは灯籠の近くで記念撮影をしたり、段畑の間にある道を散策したりして、夏の海辺の夜を満喫していた。

 子どもたちのダンスやフルート演奏などもあり、近くに住む遊子小6年の男子児童(11)は「灯籠が並んで今年もきれいだった。夜の段畑も自慢できる風景」とうれしそうに話した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。