ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島東だより

「休日」も頭フル回転 対戦チーム情報分析

2019年8月7日(水)(愛媛新聞)

集めた宇部鴻城の情報をホワイトボードに書き込む宇和島東のメンバー=6日、神戸市内の宿舎

集めた宇部鴻城の情報をホワイトボードに書き込む宇和島東のメンバー=6日、神戸市内の宿舎

 待ち焦がれた夏の甲子園が開幕した。開会式を終えた宇和島東ナインは6日、全体練習は行わず体を休めたが、初戦の宇部鴻城戦に向けて頭はフル回転。神戸市内の宿舎では、ホワイトボードに各人が収集した情報を書き込み分析を進めている。

 宇部鴻城と練習試合で対戦経験のある県内高校の友人らに聞いたり、ネット上で動画や記録を探したり。ベンチ入りしていない、帯同メンバーも協力しており、2年の宇都宮怜は「勝ちにつながるように、頑張りたい」と意欲を燃やす。

 宇部鴻城は山口大会でチーム本塁打が5本と打力が売り。遊撃手の小島壮太は「強い打球が来ると思うので、守備位置を工夫して、投手陣を助けたい」。

 4番の村上裕一郎は相手エース左腕について「長身(181センチ)を生かして投げ下ろす直球は速いけど、スライダーが甘いコースにくる。打つイメージはできている」と頼もしかった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。