ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
916日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

13日まで合宿

モザンビーク代表候補選手が知事訪問

2019年8月2日(金)(愛媛新聞)

中村知事(中央)と記念撮影するモザンビークの合宿メンバー=1日午後、県庁

中村知事(中央)と記念撮影するモザンビークの合宿メンバー=1日午後、県庁

 東京五輪に向け県内で合宿を開始したモザンビークの代表候補選手らが1日、愛媛県庁を訪れ、中村時広知事と懇談した。13日まで県武道館やニンジニアスタジアムなどで汗を流し、五輪代表を目指す。

 来県したのは17~25歳の選手3人(陸上2人、空手1人)とコーチの計4人。合宿中は県内の学生や愛媛出身の有力選手との合同練習を実施するほか、休養日にはしまなみ海道でのサイクリングなども予定しているという。

 選手らは「愛媛はモザンビークより暑いが、精いっぱい練習を頑張りたい」と抱負を語り、中村知事は「合宿を通じてさらにレベルアップし、代表選手として東京五輪に出場してください」とエールを送った。

 陸上男子800メートルで五輪出場を狙うジェニト・ゲザネさん(17)は「憧れの日本に来られて夢のよう。愛媛で自己ベストを出せるように頑張る」と意気込んでいた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。