ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校総体・第5日

ソフトテニス今治北ペア、4回戦で涙 双子1年生手応え

2019年8月1日(木)(愛媛新聞)

【女子個人4回戦】1年生ながら健闘した今治北の山岡鈴芽(左)、愛芽ペア=宮崎市生目の杜運動公園

【女子個人4回戦】1年生ながら健闘した今治北の山岡鈴芽(左)、愛芽ペア=宮崎市生目の杜運動公園

 四国準Vを追い風に戦った今治北の双子の1年生山岡鈴芽・愛芽ペア。接戦の末、4回戦で姿を消したが、高校では初めての全国大会に大きな手応えを感じたようだった。

 4回戦は最初のゲームを落としたが、得意のカットサーブで流れに乗り2-1に。だが4ゲーム目からサーブの成功率が落ち始めると、相手のパワーとスピードに押され逆転を許した。

 「ラリーを続けたり自分から攻めたりすることはできた」(鈴芽)「2、3回戦はサーブで点を取って勝てた」(愛芽)と充実の表情。重圧によるミスや体力不足など課題が見つかったことも収穫だった。「来年はより上を目指す」と飛躍を誓った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。