ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

高校野球愛媛大会 決勝

松山聖陵失速 まさか 強力打線あと一打出ず

2019年7月31日(水)(愛媛新聞)

【松山聖陵―宇和島東】1回裏松山聖陵2死二、三塁、大村の2点適時打で二走・市川(左)が生還し先制する=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】1回裏松山聖陵2死二、三塁、大村の2点適時打で二走・市川(左)が生還し先制する=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】8回表松山聖陵1死一塁の守り、リリーフの高松(左)にマウンドを譲る先発・平安山=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】8回表松山聖陵1死一塁の守り、リリーフの高松(左)にマウンドを譲る先発・平安山=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】1回裏松山聖陵2死二、三塁、大村の2点適時打で二走・市川(左)が生還し先制する=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】1回裏松山聖陵2死二、三塁、大村の2点適時打で二走・市川(左)が生還し先制する=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】8回表松山聖陵1死一塁の守り、リリーフの高松(左)にマウンドを譲る先発・平安山=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―宇和島東】8回表松山聖陵1死一塁の守り、リリーフの高松(左)にマウンドを譲る先発・平安山=坊っちゃんスタジアム

 ◆相手の力 上だった◆

 【松山聖陵・中本恭平監督の話】 相手の力が上だった。併殺打になった四回のスクイズは、リードを2点にできれば優位に進められると考えた。自分の出したサインで負けた。自分の責任。選手は本当に頑張ってくれた。

 

 ◆諦めずに最後まで◆

 【松山聖陵・根本大蓮主将の話】 みんな力を付けて決勝まで来られた。宇和島東には勢いがあり、後半は粘り切れなかったが、最後まで諦めずに戦うことができた。この悔しさを持って来年こそ甲子園に行ってほしい。

 

【奮投2年生 力尽きる】

 滑り出しはいつも通り順調。だが、結末はこれまでと異なった。今大会、対戦相手を寄せ付けぬ強さを示してきた松山聖陵だったが、春夏連続の甲子園が懸かった大一番で涙をのんだ。

 初回の好機、大村が変化球を捉えて2点先取。大村は「狙っていた変化球。自分のバットで点が取れてよかった」。松山聖陵は準決勝までの全4試合をいずれも一回に先制、そのままリードを広げ、コールド勝ちしてきた。決勝も―。だが二つの壁があった。

 一つは先発した右腕平安山の疲労。立ち上がりは完璧だったが、炎天下のマウンドに加え、前日の準決勝で118球を投じた影響が中盤から出始めた。

 六回に同点、七回に逆転を許し、平安山は「腕が振れなくなって変化球の切れが落ち、直球一本になったところを打たれた」。大会前、背番号1の根本が右肩をけが。代わって今大会好投を続けてきた2年生右腕は、最後に悔し涙を流した。

 爆発力を誇った打線は五回以降、走者は出してもあと一打が出ず。宇和島東右腕について「直球が低めに決まり始めた」(岸田)「尻上がりに直球が良くなり対応できなかった」(大村)と脱帽するしかなかった。

 試合後のベンチには突っ伏して涙するナインも。折田は「悔しさを来年、晴らしてほしい」と2年生に願いを託し、4番を打った岸田は「愛媛大会を圧倒できる力を付け、優勝したい」と先輩への恩返しを誓った。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。