ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
920日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

自民党県連

戒能幹事長辞任 参院選で引責

2019年7月31日(水)(愛媛新聞)

 参院選愛媛選挙区で党公認候補が敗れた自民党県連は30日、県議会議事堂で議員総会を開き、選対本部長の戒能潤之介幹事長、選対委員長の井原巧常任副会長の県連役職の引責辞任を了承した。参院選を検証・反省し、県連の再構築に取り組む「県連再生会議」を近く立ち上げる方針も決めた。

 非公開の議員総会後、戒能氏は「責任は組織として全て私にある」と説明。井原氏も、国家公安委員長兼防災担当相で参院選に携われない状態だった山本順三県連会長(参院選挙区)の代行の役割を担ったとした上で「現場の責任者、国会議員の代表として責任を取る」と述べた。

 戒能氏らによると、後任は未定で、当面は渡部浩幹事長代行が組織運営に当たる。再生会議は渡部氏が座長を務め、県議7、8人をメンバーとし国会議員や顧問、地域・職域支部などからの意見を踏まえ、参院選の総括や組織の立て直しに向けて議論する。

 再生会議には戒能、井原両氏が参加する。県議会会派・自民党が分裂してできた「志士の会」からもメンバーを募り「挙党一致を目指す」としている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。