ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞で多様な意見で学習を

NIE実践7校が中間報告会 伊予市

2019年7月31日(水)(愛媛新聞)

NIE実践校の教員が取り組みを発表した「NIE実践校中間報告会」=30日午前、伊予市下三谷

NIE実践校の教員が取り組みを発表した「NIE実践校中間報告会」=30日午前、伊予市下三谷

 教育現場で新聞を活用するNIE(教育に新聞を)実践校の中間報告会が30日、伊予市下三谷の愛媛新聞社印刷センターであった。県NIE推進協議会が主催し、2018年度からの実践指定校である県内の小中高7校の教員ら約25人が参加、取り組みや成果を発表した。

 西予市田之筋小の増原通雄教諭は、記事をテーマに賛成と反対に分かれて討論したり、新聞を生活につなげて考える集会を開いたりしたことなどを報告。「多様な意見に触れることで、自分の考えや理解を深める感想が多く寄せられた」と収穫を語った。

 今治市宮窪小の谷口香織教諭は、児童が新聞を読む仕掛けとして記事に自分の意見を付箋で貼るコーナーを開設したことを紹介し、「新聞をもっと読みたくなる環境を整えたい」と今後の展望を述べた。

 県NIEアドバイザーで今治市菊間中の津吉優樹教諭は、新聞を通じて人や地域とつながる「対話」の重要性などを呼び掛けた。

 参加教諭らは終了後、全国高校野球選手権愛媛大会で宇和島東高校が甲子園出場を決めたことを報じる号外が印刷される様子を見学した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。