愛媛新聞ONLINE

2021
1020日()

新聞購読
新規登録
メニュー

南風会が開く

砥部の子ども食堂 夏休みの宿題支援

2019年7月30日(火)(愛媛新聞)

夏休みの学習などをサポートした子ども食堂

夏休みの学習などをサポートした子ども食堂

 砥部町高尾田の町地域活動支援センター「ひとやすみ」でこのほど、夏休み中の学習を支援する子ども食堂があり、小中学生が夕食を共にしながら、宿題などに取り組んだ。

 

 センターは精神障害者らや家族、支援者の交流拠点で、運営する同町の社会福祉法人「南風会」が地域貢献の一環として開いた。

 

 食堂は23~26日の4日間で、元教員2人が先生として参加。午後5時から集まった子どもたちはそれぞれの宿題などを広げ、分からない問題を質問していた。勉強の合間には、ボランティアの中学生とセンター利用者らが手作りした夕食を味わった。

 

 兄弟で参加した麻生小6年の男子児童(11)は「思ったより宿題を進められてよかった」と笑顔を見せた。木下いずみセンター長は「地域の人にも気軽に来てもらえる場にできるよう、空いている時間などを使い交流の場を設けたい」と話した。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。