ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第13日

準々決勝【松山南 0-7 松山聖陵】松山聖陵、主導権握る 松山南のミスを逃さず

2019年7月28日(日)(愛媛新聞)

【松山聖陵―松山南】4回裏松山聖陵1死満塁、坂本が中前に適時打を放ち2―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―松山南】4回裏松山聖陵1死満塁、坂本が中前に適時打を放ち2―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 準々決勝(8時28分)>

 【評】松山聖陵が相手のミスを逃さずに得点を重ねた。1―0の四回、3連続四球で1死満塁とし、坂本の適時打と市川の犠飛などで3点を加え、主導権を握った。高松と平安山が無失点リレー。ストライク先行のテンポの良い投球で、4安打に抑え込んだ。

 松山南は福垣内、中村の投手陣が大胆に緩急を生かして粘投するも、下位打線への四球とエラーが響いた。打線は良い当たりが外野手の正面をつくなど、あと一本が出なかった。

 

◆投球リズムが独特◆

 【松山聖陵・坂本三塁手】(四回、リードを広げる適時打)「直前にエラーをしてしまい、相手に流れがいっていた。一本打たないと駄目だと思っていた。相手投手は投球リズムが独特で、なかなか合わなかった」

 

◆緊張感があった◆

 【松山聖陵・高松投手】(2年生。先発し4回無失点)「初回、2死を取ってから死球を出してしまい、いいリズムをつくれなかった。先発は公式戦初。失敗すると、3年生の夏が終わる。緊張感があった」

 

◆諦めない姿勢で◆

 【松山南・福垣内投手】(制球乱れ4失点)「甘く入ると打たれると思いすぎて腕が振れていなかった。格上を倒して歴史をつくろうと思っていたから悔しい。ただ全員が諦めない姿勢を見せ、投げていて楽しかった」

 

◆低い打球 心掛けた◆

 【松山南・尾山右翼手】(2安打)「自分は体が小さいから、何とか塁に出ようと低い打球を心掛けた。4強入りを成し遂げたかったが、力が及ばなかった。明るく支えてくれた後輩には来年に向け頑張ってほしい」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。