ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1113日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第8日

2回戦【今治東 8-4 吉田】大接戦 今治東に軍配 延長13回吉田5失点

2019年7月23日(火)(愛媛新聞)

【吉田―今治東】タイブレークの延長13回表今治東1死満塁、村上太の2点二塁打で二走・麻生(3)が生還し8―3とリードを広げる=西条ひうち球場

【吉田―今治東】タイブレークの延長13回表今治東1死満塁、村上太の2点二塁打で二走・麻生(3)が生還し8―3とリードを広げる=西条ひうち球場

<西条ひうち球場 2回戦(11時52分)>

 【評】タイブレークにもつれ込んだ大接戦は今治東に軍配が上がった。無死一、二塁で始まった延長十三回、連続四球で勝ち越し点を得ると、村上太が適時二塁打を放つなどし計5点を奪った。

 吉田は裏の攻撃、好守にも阻まれ1点止まり。三回から救援登板し、四~十二回にゼロを並べた森口の粘り強い投球が光った。

 

◆ミスで失点 悔しい◆

 【吉田・木下一塁手】(主将。途中から捕手に。試合後は涙)「十三回は自分のミスが失点につながり、後悔しかない。タイブレークは緊張感があった。森口はいつも以上の投球をしてくれ、受けていてうれしかった」

 

【打者51人 球数150 大会初タイブレーク制す】

 愛媛大会史上初となった延長十三回タイブレーク突入。今治東のエース桑田が39個目のアウトを三振で奪うと、ナインは喜びを爆発させた。

 圧巻の桑田のスタミナだった。打者51人と対峙(たいじ)し、球数は150。それでも八回からの5イニングはノーヒットに抑え、徐々にペースアップしているかのよう。目立つ球速はないが、投げミスが少なく集中力も十分だった。

 十三回、得点圏に走者を背負っての投球も「一つずつアウトを取る。やることは同じ」と桑田。1点は失ったが動じず、試合を締めた。「全然疲れていない。すがすがしい気持ち」とけろり。白いマウスピースを見せ、にっこり笑った。

 そんな勝利の立役者をナインは守りで支えた。右翼村上恭は浅い飛球に果敢に突っ込んで2度好捕。内野陣も声を掛け、もり立てた。初戦の6点ビハインドからの逆転に続く劇的勝利でチームは上げ潮ムード。岡本主将は「目標はベスト8」と歓喜の後に次戦を見据えた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。