ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

観劇 感激の五七五

坊っちゃん劇場で小中生句作体験

2019年7月23日(火)(愛媛新聞)

「瀬戸内工進曲」を観劇後、出演者に句を渡す参加者

「瀬戸内工進曲」を観劇後、出演者に句を渡す参加者

 観劇したミュージカルをテーマに句作を楽しむイベント「俳句を詠もう~2019~思いのままに5☆7☆5」が20日、東温市見奈良の坊っちゃん劇場であり、小中学生約400人が上演中の「瀬戸内工進曲」を観賞して句をひねった。

 伊予銀行が2010年から毎年開催し10回目。俳人の夏井いつきさんが「心に残った場面やせりふを12音に整えて、いいなと思う季語をくっつけよう」とアドバイス。観劇後、子どもたちは余韻に浸りながら感動を五七五で表した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。