ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
78日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第7日

2回戦【松山聖陵 7-0 西条】松山聖陵10安打快勝 西条、勝負どころで失策

2019年7月22日(月)(愛媛新聞)

【松山聖陵―西条】1回裏松山聖陵2死一、二塁、先制の3点本塁打を放ち生還する大村(右)=坊っちゃんスタジアム

【松山聖陵―西条】1回裏松山聖陵2死一、二塁、先制の3点本塁打を放ち生還する大村(右)=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 2回戦(9時1分)>

 【評】松山聖陵が10安打を放ち七回コールド勝ち。初回に大村の3ランで先制。三回に1点を加えると、五回は本永の2点二塁打で突き放した。先発平安山は要所でコーナーを攻め、7回を無失点に抑えた。

 西条は勝負どころでの失策が響いた。毎回走者を出すも打線がつながらず、投手を援護できなかった。

 

◆負けたら意味ない◆

 【西条・真鍋魁投手】(9奪三振の力投)「負けたら意味がない。初球にストライクが取れた時は打ち取れたが、カウントを悪くした時は打たれてしまった。松山聖陵にはワンスイングで持っていかれる怖さがあった」

 

【初回3ラン 強さ見せる 松山聖陵】

 難敵相手の初戦の緊張を5番の一振りが振り払った。初回に大村の3ランで波に乗った松山聖陵が好投手を攻略し快勝した。

 ヒットと敵失で得た最初の得点機に、大村が甘く入った直球を捉え、打球は大きな弧を描いて左中間スタンドへ。「まっすぐを狙っていた。打った瞬間に手応えがあった」と胸を張る一撃で、相手の出はなをくじいた。

 三回に変化球を流し打って追加点を挙げた岸田は「あの本塁打が(勝因の)半分以上はあった」。試合前に「硬さがある」と話していた中本監督の心配を吹き飛ばすように、ナインはのびのびと持ち味を発揮した。

 看板の打線は先発8人が安打を放ったが、岸田は「まだまだ調子を上げていける」。春夏連続の甲子園出場を目指す第1シードが、まずは強さを見せつけた。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。