ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
818日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第7日

2回戦【新居浜工 1-10 松山南】松山南 5回に8得点 新居浜工 追加点奪えず

2019年7月22日(月)(愛媛新聞)

【新居浜工―松山南】5回松山南無死一、二塁、中村の適時三塁打で10―1と引き離す=坊っちゃんスタジアム

【新居浜工―松山南】5回松山南無死一、二塁、中村の適時三塁打で10―1と引き離す=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 2回戦(14時7分)>

 【評】松山南が五回に打者12人の猛攻で試合を決めた。クリーンアップの3連打で2得点。2死から押し出しを挟み、山本、中村の連続2点タイムリーでこの回一挙8点を奪った。機動力を駆使した攻めが光った。

 新居浜工は初回の先制以降も、犠打を絡めて得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。

 

◆狙い通り逆方向に◆

 【松山南・中村一塁手】(2本の三塁打で3打点の活躍)「勝ち越し打は、後ろにつなごうという意識が結果につながった。先制されていやな雰囲気だったが、チーム全体で狙い通り逆方向に強い打球を打つことができた」

 

◆絞った狙い 手応え◆

 【新居浜工・岡田来三塁手】(先制二塁打)「1回戦はノーヒットだったので、絶対打ってやると思っていた。ストレートに狙いを絞り、手応えがあった。3年間とても良い高校野球生活を送ることができた。悔いはない」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。