ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第7日

2回戦【野村 0-4 今治西】今治西 投打かみ合う 野村 再三の得点機逃す

2019年7月22日(月)(愛媛新聞)

【野村―今治西】野村打線を完封した今治西の先発・村上=坊っちゃんスタジアム(撮影・高橋圭太)

【野村―今治西】野村打線を完封した今治西の先発・村上=坊っちゃんスタジアム(撮影・高橋圭太)

<坊っちゃんスタジアム 2回戦(11時35分)>

 【評】今治西の投打がかみ合った。先発村上は10奪三振、無四球の好投で完封。打線は序盤からコツコツ得点を重ね、二回に先制すると、四回は宮本の右前適時打で1点を加えるなど六回までに4点を挙げた。

 野村は散発3安打に抑えられた。四、五、九回に得点圏へ走者を進めたが、最後までホームが遠かった。

 

◆ストライクを意識◆

 【今治西・村上投手】(完封勝ちに)「どんどん振ってくる相手だったので、ストライク先行でいくことを意識した。ストレートのコントロールがよかった。次戦も一点一点を大事に粘り強くチーム一体となって戦う」

 

◆直球を狙っていた◆

 【野村・林主将】(五回にチーム初安打)「1打席目は直球にやられていたので、ストレートが来ると思って狙っていた。もっと勝って地域や支えてくれた人たちに恩返しをしたかった気持ちはあるが、やり切った」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。