ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
823日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県中学総体 第2日

水泳 県松山西(男子400メドレー)全中へ

2019年7月22日(月)(愛媛新聞)

【男子400メートルメドレーリレー決勝】後続とのリードを広げ、優勝に貢献した県松山西の第2泳者・坂口=アクアパレットまつやま

【男子400メートルメドレーリレー決勝】後続とのリードを広げ、優勝に貢献した県松山西の第2泳者・坂口=アクアパレットまつやま

女子100メートル背泳ぎで標準記録を突破し、全中行きを決めた雄新・芝咲菜(左)と芝怜菜=アクアパレットまつやま

女子100メートル背泳ぎで標準記録を突破し、全中行きを決めた雄新・芝咲菜(左)と芝怜菜=アクアパレットまつやま

【男子400メートルメドレーリレー決勝】後続とのリードを広げ、優勝に貢献した県松山西の第2泳者・坂口=アクアパレットまつやま

【男子400メートルメドレーリレー決勝】後続とのリードを広げ、優勝に貢献した県松山西の第2泳者・坂口=アクアパレットまつやま

女子100メートル背泳ぎで標準記録を突破し、全中行きを決めた雄新・芝咲菜(左)と芝怜菜=アクアパレットまつやま

女子100メートル背泳ぎで標準記録を突破し、全中行きを決めた雄新・芝咲菜(左)と芝怜菜=アクアパレットまつやま

◆自信持って泳げた◆

 【県松山西・高須賀主将】(男子400メートルメドレーリレーで全中へ)「前を泳いだ3人が余裕を持って自分につないでくれて、自信を持って泳げた。決勝の雰囲気に後押しされて結果が出せた。笑顔で県大会を終えられた」

 

◆根性で乗り切った◆

 【県松山西・坂口選手】(男子200メートル個人メドレーで優勝)「得意な平泳ぎでとばして、自由形は根性で乗り切った。予選で標準記録を突破したかったのでよかった。個人2種目で全中に行けるのでうれしい」

 

◆後半にテンポ速く◆

 【雄新・芝咲菜選手】(女子100メートル背泳ぎで標準記録を切り2連覇)「決勝では今夏のベストタイムが出た。後半にテンポを速くして体力が持った。去年の全中では100メートルの決勝に残れなかったので、妹と一緒にいきたい」

 

◆姉との差縮めた◆

 【雄新・芝怜菜選手】(姉の咲菜選手と同種目で全中行きを決める)「今までで一番姉とのタイム差を縮められた。(標準記録を切った)予選には満足しているが、決勝はもっと頑張れたと思う。全中でもベストを尽くす」

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。