ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
78日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第6日

1回戦【川之石 0-10 松山北】松山北が攻守で圧倒 川之石、無念のコールド

2019年7月21日(日)(愛媛新聞)

【川之石―松山北】5回無安打無失点と好投した松山北の先発・川崎=坊っちゃんスタジアム

【川之石―松山北】5回無安打無失点と好投した松山北の先発・川崎=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 1回戦(11時50分)>

 【評】着実に得点を重ねた松山北が五回コールド勝ちした。

 初回に新宮の左翼フェンス直撃の2点二塁打で先制し、その後もチャンスを逃さず加点。先発の右腕川崎は走者を一人も許さずに5回を投げきった。

 川之石は柳沢、二宮翔が相手打線を止められず大量失点。打撃陣も援護できずに無得点だった。

 

◆いいリズムで入る◆

 【松山北・川崎投手】(参考記録ながら5回を完全試合)「初めてのことなので自信になる。立ち上がりからいいリズムで入り、打たせて取ることができた。次はもっと強い相手。いいコースに投げて抑えたい」

 

◆気持ち高ぶりすぎ◆

 【川之石・柳沢主将】(先発も二回途中で降板)「マウンドに上がって気持ちが高ぶりすぎた。良いピッチングをして、もっと長く野球をしたかったので悔しい。後輩には経験を生かして来年、勝利を目指してほしい」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。