ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
825日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ショット安定、好スコア

松山で県ゲートボール選手権

2019年7月21日(日)(愛媛新聞)

全国出場権を懸けてスティックを振るった県ゲートボール選手権大会

全国出場権を懸けてスティックを振るった県ゲートボール選手権大会

 第34回県ゲートボール選手権大会が20日、松山市上野町の県総合運動公園であり、東中予の19チーム100人が参加した。

 県ゲートボール連合と愛媛新聞社主催。予選リーグと本戦トーナメントで争った。芝生が前夜の雨で適度に水を含んでショットが安定し、予選から好スコアが連発。選手らは「強く打って」「もっと右から」と声を掛け合い、狙い澄ました一打を放っていた。

 12チームによるトーナメントは四国中央(四国中央支部)が制し、9月に滋賀県である全日本選手権への出場を決めた。

 同連合の徳永和夫理事長は「30代、40代の選手もいるが高齢化が進んでいる。ゲートボールは戦略的で緻密なスポーツ。もっと裾野が広がってほしい」と話した。

 

 ほかの上位入賞チームは次の通り。

 ②松前クラブ(松前支部)③今治しまなみ(今治支部)愛媛クラブ(松山支部)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。