ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西日本豪雨1年

ご当地モクテルで南予被災地支援 松山で試飲会 

2019年7月21日(日)(愛媛新聞)

西予市明浜町の「青みかんのしずく」を使ったモクテルを味わう子どもたち=20日午後、松山市姫原3丁目

西予市明浜町の「青みかんのしずく」を使ったモクテルを味わう子どもたち=20日午後、松山市姫原3丁目

 西日本豪雨で大きな被害を受けた南予を特産品の消費やPRで支援しようと、西予市明浜町産のミカン酢「青みかんのしずく」を使ったノンアルコールカクテル「モクテル」の試飲会が20日、松山市姫原3丁目の問屋町バルズであった。

 バルズカンパニー(同市)の協力でコカ・コーラボトラーズジャパン(東京)が開催。同社四国地区営業部の4人がコーラやジンジャーエールベースのモクテル2種類を振る舞った。「すっきりしておいしい」「飲みやすい」と来店者。

 同社はご当地モクテルの開発や提案に取り組んでおり、同営業部開発マネジャーの大家淳さん(41)は「南予の商品を使ったかんきつ系のドリンク開発で支援できれば」と話した。

 20日から問屋町バルズ各店舗でモクテルの販売を開始。同店内に新たにオープンした海鮮問屋「福太郎水軍」ではマグロの解体ショーと各部位のオークションもあった。落札金全額を豪雨災害の復興寄付金にする。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。