ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
818日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛選挙区

参院選きょう21日投票 深夜までに大勢判明

2019年7月21日(日)(愛媛新聞)

参院選愛媛選挙区の立候補者による最後の訴えに耳を傾ける有権者ら=20日午後、松山市

参院選愛媛選挙区の立候補者による最後の訴えに耳を傾ける有権者ら=20日午後、松山市

 第25回参院選は21日投開票され、3新人が立候補した愛媛選挙区(改選数1)は深夜までに大勢が判明する見通し。与野党が推す2候補は選挙戦最終日となった20日、「最後のお願い」に声を振り絞った。

 

 立候補したのは届け出順に、自民党らくさぶろう(54)=本名冨永幸伸、松山市、公明党推薦▽野党統一候補で旧民主党元衆院議員の無所属永江孝子(59)=同市▽政治団体・NHKから国民を守る党の椋本薫(45)=大阪市―の3氏。

 タレントのらくさぶろう氏は1月、改選現職の井原巧氏の後継候補に決定。元アナウンサーの永江氏は、前回3年前に苦杯を喫して以降、活動を続けてきた。両氏とも長年のテレビ出演で知名度が高く、西日本豪雨災害からの復興や社会保障制度、人口減少を抱える地域の活性化などを巡り舌戦を展開。椋本氏は放送法改正を訴えた。

 投票は一部を除き午前7時~午後8時、県内709カ所で。開票は午後9時から順次始まる。国政選挙で初めて「18歳選挙権」が適用された2016年の愛媛選挙区の投票率は56・36%(13年比6・96ポイント増)。県選挙管理委員会は投票参加を呼び掛けている。

 比例は公明現職の山本博司氏(64)=八幡浜市出身=が3選を目指し地盤の中四国で活動。比例の全議席確定は22日未明になりそうだ。

 

【愛媛選挙区立候補者】

改選数1(届け出順、敬称略)

【らくさぶろう】54 タレント 自民新(公明推薦)

【永江孝子】59 元衆院議員 無所属新

【椋本薫】45 化学品卸売会社代表 諸派新

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。