ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第5日

1回戦【今治東 9-8 宇和島南】今治東 土壇場で粘り 宇和島南 6点差守れず

2019年7月19日(金)(愛媛新聞)

【宇和島南―今治東】今治東9回表1死満塁、桑田が2点適時打を放ち7―8と追い上げる=坊っちゃんスタジアム

【宇和島南―今治東】今治東9回表1死満塁、桑田が2点適時打を放ち7―8と追い上げる=坊っちゃんスタジアム

 <坊っちゃんスタジアム 1回戦(11時40分)>

 【評】今治東が要所で得点を重ね、土壇場で逆転勝ちした。

 2点先制した初回、守備が乱れて8失点。五、七回に加点し、3点を追う九回、1死満塁から桑田と村上太の連続適時打で4点を奪い、勝ち越した。

 宇和島南は二回以降、7安打を得点に結びつけられず、粘投した先発谷脇を援護できなかった。

 

◆追加点 ミスで逃す◆

 【宇和島南・松近孝二塁手】(主将。初回のリードを守りきれず)「二回以降の得点機をミスでものにできず、流れが相手に行ってしまった。追加点が取れていれば違う結果になっていたと思う。みんな粘り強く戦った」

 

【再登板 みせた気迫 今治東】

 最大6点差をひっくり返した今治東。逆転劇のヒーローは投打で気迫をみせた桑田だろう。最後の打者を打ち取ると、帽子が飛ぶほどのガッツポーズで感情を爆発させた。

 先発のマウンドを託されたが、大量失点で一つのアウトも取れず降板。だが四回に再登板して以降は、落ち着いた投球で5安打無失点に抑えた。打撃では3点を追う最終回、1死満塁のチャンスで変化球を詰まらせながら中前へ落とし、村上太の逆転打につなげた。

 桑田の帽子のつばには「天羽比(あもい)」の文字が書かれてある。小学校時代にバッテリーを組んでいた田中天羽比君は、12歳の時に脳出血で亡くなった。「それからずっと帽子に名前を書き、一緒に野球をやっているつもりでいる」。亡き親友から勇気をもらった桑田は「悪いときも強い気持ちを持てた」とうなずいた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。