ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
822日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

とべ動物園

ドキドキ 夜の動物園 障害のある子ら楽しむ

2019年7月18日(木)(愛媛新聞)

動物への餌やりや触れ合いなどを楽しんだ「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」

動物への餌やりや触れ合いなどを楽しんだ「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」

 障害のある子どもや家族らにゆっくりと動物との触れ合いを楽しんでもらう「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」がこのほど、砥部町上原町の県立とべ動物園であり、親子連れら約370人が満喫した。

 1996年にオランダの動物園ががんを患っている子どもや保護者を招待した取り組みを参考に、全国の園で広がっているイベントで、とべ動物園は2016年度から年1回開いている。

 夕方5時の閉園後に再びオープン。あいにくの雨となったが、子どもたちはカバやライオンを間近に観察したり、餌をやったりして「大きいね」「いっぱい食べよるよ」などと喜んだ。今治市別宮小学校6年の女子児童(11)は「キリンの舌が長かった」と驚いていた。

 前田洋一園長は「日ごろは来園しにくい子どもたちにも、のびのびと楽しんでもらえるよう続けたい」としている。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。