ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
826日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

サポート企業が松前でイベント

気分は聖火ランナー トーチ手に親子ら体験

2019年7月18日(木)(愛媛新聞)

2020年東京五輪の聖火リレーで使用するトーチに触れる親子連れら=17日、松前町筒井

2020年東京五輪の聖火リレーで使用するトーチに触れる親子連れら=17日、松前町筒井

 2020年東京五輪を1年後に控え、聖火ランナーを体験するイベントが17日、松前町筒井のエミフルMASAKIであり、親子連れらが実際に使用するトーチを持って記念撮影などを楽しんだ。

 東京五輪をサポートする日本コカ・コーラが開催。来場者は競泳の金メダリスト北島康介さんらと聖火をつなぐ合成動画を作ったり、冬季五輪の過去7大会で使われたトーチと見比べたりして聖火リレーに親しんだ。

 東京五輪のトーチはアルミ製で約1・2キロ。デザインは桜をモチーフにしており、火がともる部分は花びらの形になっている。松山市の会社員久保綾子さん(33)は「重厚感があってきれい」と実物をまじまじと見つめ、聖火ランナーになった気分を味わっていた。

 聖火リレーは来年3月26日に福島県から始まり、愛媛県では4月22、23日に実施される。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。