ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
916日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第3日

1回戦【三瓶 3-7 吉田】吉田機動力で主導権 食い下がる三瓶封じる

2019年7月17日(水)(愛媛新聞)

【吉田―三瓶】3回裏吉田1死一、二塁、伊井が左越えに3点本塁打を放ち6―0とする=16日、宇和島丸山球場

【吉田―三瓶】3回裏吉田1死一、二塁、伊井が左越えに3点本塁打を放ち6―0とする=16日、宇和島丸山球場

<宇和島丸山球場 1回戦(11時29分)>

 【評】吉田は計6盗塁と足を絡めた攻撃で序盤に主導権を握った。初回1死二塁から二走岩村の三盗で好機を広げ、西平の中前適時打で先制。その後も好走塁を得点につなげ、三回に伊井の3点本塁打で突き放した。

 三瓶は最終回、2死一、二塁から山下が2点適時打を放つなど食い下がったが、及ばなかった。

 

◆序盤にいい流れ◆

 【吉田・長野右翼手】(3安打3盗塁)「第1打席でヒットを打った後、捕手の動きを見て自分の足なら行けると思った。序盤にしっかりと点を取れたことで、いい流れができた。次の試合でも積極的に次の塁を狙いたい」

 

◆最後まで諦めず◆

 【三瓶・高橋主将】(終盤の追い上げ届かず)「最後まで諦めず戦えたことに満足している。個性の強い選手ばかりでも最後はまとまれた。下級生はこの悔しさを忘れず、一つでも多く勝ち上がれるチームをつくってほしい」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。