ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
825日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

スポーツで被災地元気に

県内外の高校生ら熱戦 鬼北でバスケ大会

2019年7月17日(水)(愛媛新聞)

南予選抜と新田高が熱戦を繰り広げた大会

南予選抜と新田高が熱戦を繰り広げた大会

 子どもたちに西日本豪雨災害に負けず元気になってもらおうと、県バスケットボール協会は、鬼北町永野市の鬼北総合公園体育館でバスケの大会をこのほど開いた。県内外の強豪高校や南予で競技に打ち込む小中高校生らが、元気よくボールを追った。

 体育館は2017年愛媛国体でバスケットの会場となったことから、県スポーツ協会の補助金を受け開いた。年齢別に分かれて14試合を実施し、選手は練習の成果を出そうとはつらつとしたプレーを展開した。

 女子の南予選抜で出場した宇和島東高3年の女子生徒(17)は「緊張したけど精いっぱいプレーした」と振り返り、八幡浜高3年の女子生徒(17)は「みんなのプレーで元気を届けられたらうれしい」と笑った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。