ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
915日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第3日

1回戦【新居浜東 6-7 内子】内子4回に一挙5点 新居浜東1点差の粘り

2019年7月17日(水)(愛媛新聞)

【内子―新居浜東】内子4回裏1死満塁、小西が走者一掃の適時三塁打を放ち、7―0とリードを広げる=16日、今治球場

【内子―新居浜東】内子4回裏1死満塁、小西が走者一掃の適時三塁打を放ち、7―0とリードを広げる=16日、今治球場

<今治球場 1回戦(11時29分)>

 【評】内子は四回のビッグイニングが勝利を引き寄せた。敵失、押し出しで2得点。さらに満塁機で小西が走者一掃の適時三塁打を放ち、一挙5点を奪った。守りは3失策を記録したが、池田と藤原の継投で逃げ切った。

 新居浜東は六回、相手ミスにつけ込み、1点差に迫る粘りをみせた。四回途中から救援した田中が好投した。

 

◆一緒でよかった◆

 【新居浜東・井本一塁手】(3安打)「春から試合に出ることができず、最後の夏にやりきってやろうと思っていた。3年間しんどいこともあったが、3年生9人がこのチームで一緒にプレーできてよかった」

 

◆積極攻撃 チームに勢い◆

 内子の先頭打者小西の積極的な打撃が、4年ぶりの勝利をもたらした。初回、初球をいきなり中前打。稲積の適時打で生還し、チームを勢いづけた。

 4回は満塁のチャンスで打席へ。「いけいけ、押せ押せの場面。強いスイングを心掛けた」。狙っていた直球を打ち返すと打球は左中間深くまで飛び、3者を迎え入れた。

 7点リードが一転、勝敗は終盤までもつれ込んだだけに、喜びもひとしおの様子。「次戦も集中して戦いたい」と笑顔を見せた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。