ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第3日

1回戦【新居浜南 8-0 今治明徳】新居浜南 左腕が好投 今治明徳 打線振るわず

2019年7月17日(水)(愛媛新聞)

【今治明徳―新居浜南】7回表新居浜南1死一、二塁、千葉が左越えの3点ランニング本塁打で生還し8―0とする=16日、西条ひうち球場

【今治明徳―新居浜南】7回表新居浜南1死一、二塁、千葉が左越えの3点ランニング本塁打で生還し8―0とする=16日、西条ひうち球場

 <西条ひうち球場1回戦(13時57分)>

 【評】投打がかみ合った新居浜南が快勝した。先発伊藤優は切れのある直球を内角に投げ込み、6回2安打無失点の好投。打線は七回、千葉の左翼フェンス直撃の3点ランニング本塁打などで4点を挙げ突き放した。

 今治明徳は初回に先発赤瀬が3連続四球を与え2失点。七回に2死一、二塁と粘ったが、本塁が遠かった。

 

◆いつも通り投げた◆

 【新居浜南・伊藤優投手】(2年生左腕。6回無失点で先発の役目を果たす)「試合前は緊張したが2、3点失っても取り返すとの監督の言葉で、いつも通りに投げることができた。直球のコントロールが良かった」

 

◆一打打ちたかった◆

 【今治明徳・要主将】(唯一の3年生としてチームを引っ張る)「後輩が最後までついてきてくれて、すべてを出し切ったので悔いはない。チームに勢いをつける一打を打ちたかったが、甘い球がほとんどこなかった」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。