ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ参院選2019

荒天時 現地開票も 法改正、島や山間部 選管準備手探り

2019年7月13日(土)(愛媛新聞)

新居浜市選管が参院選の投票管理者向けに開いた説明会=8日午後、同市一宮町1丁目

新居浜市選管が参院選の投票管理者向けに開いた説明会=8日午後、同市一宮町1丁目

 悪天候で即日開票ができない事態を避けるため21日投開票の参院選では、選挙管理委員会の判断で急きょ、島しょ部や山間部に開票所を設置できるようになる。2017年10月の衆院選で一部地域の開票に影響が出たことなどを受け、6月に公職選挙法を改正。開票に不正がないかを監視する開票立会人の選任要件などが緩和され、開票の選択肢が増えた形だ。安全で迅速な作業につなげようと、県内の各選管は検討や準備を手探りで進めている。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。