ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四電が新申請書提出

伊方特重施設、工事計画5分割に 工期短縮目的

2019年7月12日(金)(愛媛新聞)

 テロなどに備える伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の特定重大事故等対処施設(特重施設)設置工事で、四国電力は11日、従来4分割で原子力規制委員会に提出していた工事計画認可申請を5分割とし、申請書を新たに提出したと発表した。四電は「工期短縮が目的だが、大幅な短縮につながるかは不明」としている。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。