ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山東署

トイレにカメラ設置疑い 松山地裁の書記官逮捕

2019年7月12日(金)(愛媛新聞)

 松山東署は11日、裁判所の女子トイレにカメラを設置したとして県迷惑防止条例違反の疑いで松山市、国家公務員の松山地裁書記官(36)を逮捕、12日に地裁を家宅捜索する方針。

 容疑は5月23日、正当な理由がないのに、3階の公共女性トイレ個室内に小型カメラ1台を設置した疑い。同書記官は「間違いありません」と容疑を認めている。同日、トイレを利用した女性職員がカメラを発見し、地裁が署に通報した。署は盗撮目的で、日中に数時間程度設置していたとみている。

 松山地裁は5階建てで、3階には民事の法廷などがある。地裁によると、同書記官は11日は休暇を取得し、勤務態度に問題はなかったとしている。牧賢二所長は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。今後の捜査の結果を踏まえ、さらに事実関係を調査の上、適切に対処したい」とのコメントを出した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。