ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
824日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

13日皮切り 市内4会場

紙のまち彩る大輪続々 四国中央で花火大会

2019年7月11日(木)(愛媛新聞)

 四国中央市の夏の夜空を彩る花火大会が、13日の「かわのえ夏まつり花火大会」を皮切りに、8月15日まで市内4会場で開かれる。

 「かわのえ―」は午後8時から、川之江港で尺玉やスターマインなど約3千発が花開く。「みなと祭花火大会」は7月25日午後8時から三島港であり、水中・水上花火など約7千発を5部構成で楽しめる。

 嶺南地区の「湖水まつり」は8月3日、金砂町平野山の金砂湖畔公園(柳瀬ダム)である。午後8時から約1600発が夜空を染める。午後5時から各種バザーもある。

 「土居夏まつり」は8月15日、土居町土居の関川河川敷ふるさと広場で開催。午後7時からの盆踊りの後、午後8時からレーザー光線と音楽を合わせた花火など約3千発が上がる。

 問い合わせは「かわのえ-」「みなと祭-」が市観光交通課=電話0896(28)6187▽「湖水-」が市水道局水道総務課=電話0896(28)6452▽「土居-」が市土居観光協会=電話0896(74)8825。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。