ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
824日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

学生ら活動紹介

松前でカタリナフェスティバル

2019年7月10日(水)(愛媛新聞)

子どもと工作を楽しむ短期大学部保育学科の学生(左)

子どもと工作を楽しむ短期大学部保育学科の学生(左)

 学校法人聖カタリナ学園(松山市北条)が運営する各教育施設をPRする「カタリナフェスティバル」が6日、松前町筒井のエミフルMASAKIであり、学生ら約120人が福祉、看護、保育分野などでの活動を紹介した。

 聖カタリナ大、同大短期大学部、聖カタリナ学園高校が6ブースを設置。大学の社会福祉学科が福祉ロボットの紹介をすれば、人間社会学科は箱庭療法の体験コーナーを設けるなど、学びの特色を生かしアピールした。

 短期大学部保育学科の学生は、子どもと七夕飾りを作るコーナーで活躍。2年生の女子学生(19)は「先生が学生のことを親身になって考えてくれるアットホームな学科。将来は保育士になりたい」と語った。

 学生や短期大学部付属幼稚園の園児らは、会場でダンスや歌を披露して盛り上げた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。