ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
826日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

ライオンズ四国地区がテーブル40台を大洲市に寄贈

2019年7月7日(日)(愛媛新聞)

大洲市の松田副市長(右)にテーブルの目録を手渡すライオンズクラブ国際協会四国地区の関野さん

大洲市の松田副市長(右)にテーブルの目録を手渡すライオンズクラブ国際協会四国地区の関野さん

 西日本豪雨の被災地の産品を買い上げ、復興活動に活用してもらおうと、ライオンズクラブ国際協会四国地区はこのほど、大洲市のベンチャー企業「STILL LIFE」(団上祐志代表)がチャリティープロジェクトの一環で生産したテーブル40台を市に贈った。

 大洲市役所であった贈呈式では、四国地区ガバナーの関野邦夫さんが「これからは復興支援という形で、奉仕の気持ちをお伝えできれば」と目録を贈呈。松田真副市長は「テーブルは被災した地域の公民館や集会所で使わせていただく」と感謝の言葉を述べた。

 団上代表は「テーブルのコンセプトは復興の様子をイメージした『支え合い』。少しでも役に立ててもらえればうれしい」と語った。売り上げの一部は、義援金として市に寄付する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。