ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1113日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめくらし安全ナビ

<転売チケット購入>本人確認で入場不可も

2019年7月5日(金)(愛媛新聞)

 コンサートやスポーツなどの興行チケットのインターネットにおける転売に関するトラブルが発生しています。2019年にはラグビーワールドカップ、20年にはオリンピック・パラリンピックが日本で開催されることから、今後トラブルが増加する恐れがあります。

 【相談事例】

 ①人気バンドのコンサートチケットをチケット転売仲介サイトで購入した。購入後に調べたら、転売されたチケットでは入場できない場合があると分かった。キャンセルしたいが転売仲介サイトの規約でキャンセルできない。

 ②インターネットでサーカスのチケットを購入しようと検索し、一番上に表示されたサイトから購入した。その後サーカスの公式サイトを見ると、購入したサイトは海外の転売サイトだと分かった。また、「転売仲介サイトで購入しないように」と記載されていた。

 【アドバイス】

 転売仲介サイトでは、興行主などが第三者への譲渡・転売などを禁止しているチケットも販売されていることがあります。興行によっては転売チケットが無効とされたり、入場時の本人確認の結果、入場できないこともあったりします。転売チケットを購入する際は転売禁止となっていないか、入場時に本人確認が必要かなどを確認しましょう。

 検索して上部に表示されているサイトが公式サイトとは限りません。公式チケットサイトと間違えて転売仲介サイトで購入した場合、価格や手数料が正規チケットより高額であったり、間違いに気付いてもキャンセルできなかったりすることがあります。購入の際は公式チケットサイトかどうか、価格や手数料が高額でないかなどを十分に確認しましょう。

 当事者間でトラブルになっても転売仲介サイトはほとんど介入しません。

 困ったときや不安を感じた場合は、最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

 

…………………………

 相談専用電話089(925)3700 午前9時~午後5時 (水曜は午後7時まで、土・日・祝日は休み) 

 消費者ホットライン 188(最寄りの相談窓口につながる)

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。