ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
823日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Pクラス

県ママさんテニス 千葉・竹内組が優勝

2019年7月4日(木)(愛媛新聞)

Pクラスを制した千葉(左)・竹内組=松山中央公園

Pクラスを制した千葉(左)・竹内組=松山中央公園

 第41回県ママさんテニス大会(愛媛新聞社主催)が2、3の両日、松山中央公園テニスコートであり、最上位のPクラスで千葉政子・竹内利恵(Newzy・プリアッシュ)が優勝した。

 Aクラスは佐倉美由紀・芝未緒(Newzy・フリー)、Bクラスは阪本マコ・東夏子(オレンジ・PEYPEY)、Cクラスは長谷川久代・村上敬子(ソプカウニス)がそれぞれ制した。

 Pクラスに12人、ほか4クラスに計57ペアがエントリーした。梅雨空の下、選手は声を掛け合い、力強いサーブやスマッシュなど果敢なプレーを披露。ポイントを奪うと、手を合わせて喜び合っていた。

 

 【攻める気持ち前面】

 Pクラス決勝は最終スコアこそ6―2と開いたが、5ゲームがジュースにもつれ込む接戦になった。勝った竹内は「攻める気持ちを出せたのがよかった」と笑顔を見せた。

 千葉が粘り強くストローク戦を展開し、甘い返球を竹内がボレーで仕留めた。普段は一緒にプレーする機会の少ない2人だが昨年もこの大会でペアを組み白星を挙げていた。千葉は「その試合を思い出し、いいテニスができた」と表情を崩した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。