ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
823日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

鼓舞 川井健太

2019年7月3日(水)(愛媛新聞)

天皇杯に向けた練習を、厳しい表情で見る川井健太監督

天皇杯に向けた練習を、厳しい表情で見る川井健太監督

 「俺にはボールを取りに行ってるように見えない。全然駄目。みんなで共有していることができないなら、サッカーをやめた方がいい」。徳島との天皇杯2回戦を控えた1日、川井健太監督が発した言葉は、かつてなく厳しかった。

 どんなに惨敗しても、試合後の会見で選手をねぎらうことを忘れない人だ。サポーターも見ている前で、これほど強烈な「ダメ出し」をしたのは初めてだろう。

 リーグでは「サブ組」に甘んじる選手が中心の練習だった。「いつもなら『全員平等』と言っているが、本当は使ってみたいと思わせる存在になってほしい。準備期間が短くても、やるべきことは伝えたかった」。どんな立場にあろうと、決して要求水準は下げない。そうやって表す期待もある。

 「(徳島と引き分けた)4月のリーグ戦は悔しかった。それを晴らす機会だと選手に強調した」。天皇杯は一発勝負。必ず白黒がつくダービーになる。ピリッとした練習の後、「選手の目の色に満足しましたか?」と聞いた。「満足してますね」と即答だった。敵地での決戦へ、指揮官が闘志を注入した。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。