ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

敵地で四国ダービー

サッカー天皇杯 3日、愛媛FC vs 徳島

2019年7月3日(水)(愛媛新聞)

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は3日、各地で2回戦を行う。J2愛媛FCは午後7時から、徳島県鳴門ポカリスエットスタジアムで徳島と対戦。巡り合わせで生まれた今年2度目の敵地での四国ダービー。リーグ戦とのタイトな試合間隔の中、両軍の総力戦となる。

 昨年は初戦の2回戦で水戸に敗れた。昇格、降格を巡る大混戦が続くJ2リーグと並行する試合で疲労などを考慮したやりくりが求められるが、因縁の一戦を前に「(通常の試合とは)意味合いが違う。勝たなければならない」(川井監督)とチームの士気は高い。

 今季は選手32人が在籍し、リーグ戦で出場機会が限られているメンバーは少なくない。下部組織出身のルーキー岩井は「ダービーはずっと見てきたが、歴代の選手はみんな気持ちが入っていた。自分も責任感をもってやりたい」。西田は「天皇杯で徳島と戦えることはありがたく思っている。高いモチベーションでやれる」と奮起を誓っている。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。