ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU
応援メッセージを送る

高校野球

松山西中等教育学校野球部 少ない人数 結束が武器

2019年6月30日(日)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 昨夏以降は部員不足に苦しんだが、1年生の入部と3年生の復帰で戦力を整え、練習を重ねてきた。人数は少ないが責任感のある選手たちがそろい、粘り強く戦えることが強みだ。

 打線はバントやヒットエンドランを織り交ぜながら、つなぐバッティングでホームを狙う。1番木戸は走力を武器に、2番青野光は守備の間を抜く打撃で出塁を狙う。中軸の青野壮、浜田、宮竹は思い切りのいい打撃で得点を稼ぐ。

 エース青野壮はコーナーを突き、変化球を低めに集める丁寧なピッチングが持ち味。2番手にはストレートとスローカーブの緩急で打者を打ち取る青野光が控える。中高一貫校ならではのチームワークを武器に初戦突破を目指す。

 

 【青野壮馬主将】 目の前の一勝をつかみ取り、一試合でも多く戦い、愛媛の高校野球史に刻まれる下克上を果たしたい。

 

(メンバーは予定。○印は主将、洋数字は学年)

○投 青野 壮馬 (3) 右右

 捕 浜田  健 (1) 右右

 一 宮崎  航 (1) 左左

 二 山内 隆平 (1) 右右

 三 木戸 祐太 (1) 右左

 遊 青野  光 (2) 右左

 左 塩梅 大和 (2) 右右

 中 高取 祐斗 (3) 右右

 右 宮竹 祐也 (1) 右右

 補 楠岡 成真 (3) 右右

監督 阿部 博文

部長 壺内 智士

記録員 中川 愛理

 

 30日発売の愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、愛媛大会出場全58チームを特集します。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。