ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会常任委

経済企業委

2019年6月28日(金)(愛媛新聞)

 6月定例県議会は27日、経済企業、建設、スポーツ文教警察委員会で、教員の働き方改革の現状や道路の災害防除事業などを取り上げ、常任委員会審査を終えた。28日~7月1日は休会。2日は本会議で表決し閉会する。

 

【外国人労働者66%が実習生 18年10月末 全国2位】

 <経済企業委>川本健太氏(自民)が、県内でベトナム人技能実習生が「かなり厳しい環境で働かされている」内容のテレビ番組が24日に放映されたことに触れ、外国人就労の状況を質問。理事者は2018年10月末時点での県内の外国人労働者は8376人、うち技能実習生は5555人で、その割合66・3%は全国2位と説明。番組について「国の外国人技能実習機構が調査を進めている状況。技能実習法に基づいて機構が受け入れ企業や受け入れを行う協同組合への報告要求や実地検査を行っている状況と聞いている。機構と連絡を密に取りどういう状況になるのか確認していきたい」と述べた。

 中田晃太郎氏(志士)は、17年2月に運航を始めたドクターヘリコプターの出動内容を尋ねた。理事者は、落下や交通事故などでの多発性外傷が約3割、脳卒中、大動脈疾患、四肢外傷がそれぞれ約1割と説明。現場救急が6割、施設間搬送が4割とした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。