ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第19節

ホームでゼロ封 無念 愛媛FC、京都に0-2 順位落とし19位

2019年6月23日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―京都】後半、自陣で守備をする愛媛FC・長沼(8)と吉田(14)=ニンスタ

【愛媛FC―京都】後半、自陣で守備をする愛媛FC・長沼(8)と吉田(14)=ニンスタ

 

 

 明治安田J2リーグは22日、第19節の10試合を行い、愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで京都と対戦し、0―2で敗れた。通算成績は5勝4分け10敗(勝ち点19)で順位は19位に下がった。

 愛媛FCは前半、無失点で切り抜けたものの後半に2点を失った。

 首位の山形が長崎を2―1で下し、勝ち点を39に伸ばした。2位大宮は東京Vと、3位水戸は横浜FCといずれも引き分けた。勝ち点は大宮が35、水戸が34。徳島は福岡に2―1で競り勝ち10位。

 愛媛FCは次節、29日午後6時から、栃木県グリーンスタジアムで栃木と対戦する。

 

 【評】愛媛FCはセットプレーでの失点をきっかけに隙を突かれ、連続失点を喫した。

 前半は京都にボールを握られながらも、連係の取れた守備を見せて無失点で終えた。カウンターからチャンスをうかがったが、後半12分にFKを直接決められて先制を許すと、やや前掛かりになった直後の15分に追加点を奪われた。

 

◆空き的確に突けず◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 柏と戦った前回のホーム戦で「また見たい」と思って来てくれた人たちに申し訳なかった。ボールを奪った後に空いているスペースは分かっていたが、そこを的確に突けなかった。

 

◆選手が後半に改善◆

 【京都・中田監督の話】 前半は愛媛が割り切って守備をしてきて得点できなかった。後半は選手が改善し、FKで1点取ることができた。その後も決定機をあまりつくらせずに進められた。非常に満足できる内容だった。

 

◆前線が点取らねば◆

 【愛媛FC・神谷】(U―22代表から戻って先発するも不発に終わり)「今日は全く駄目。実力を少ししか出せなかった。前線の選手が点を取らないといけない。もっとスピーディーに前に行く意識を共有したい」

 

◆次に向けての課題◆

 【愛媛FC・山瀬】(シュート計4本に終わった内容に)「数字にも表れているようにシュートにもっていけなかったのは次に向けての課題。一つ前まではいけるが、そこからカウンターを受ける。伸びしろの部分だと思う」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。