ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

200人白熱

小学生ドッジ 松山で全日本選手権県大会

2019年6月20日(木)(愛媛新聞)

素早い動きで攻守を切り替え、白熱した試合を繰り広げる小学生=15日、県武道館

素早い動きで攻守を切り替え、白熱した試合を繰り広げる小学生=15日、県武道館

 第29回全日本ドッジボール選手権県大会が15日、松山市市坪西町の県武道館であり、県内の小学生13チーム、計約200人が白熱した試合を繰り広げた。

 フジ、県ドッジボール協会など主催。予選リーグの成績を反映し、全チームが決勝トーナメント方式で争った。

 選手は軽快なフットワークやパス回しで相手を翻弄(ほんろう)。体にボールが当たってもチームメートがすかさずキャッチしてセーフにするなど、日ごろの練習の成果を発揮していた。

 優勝した生石Aが8月に茨城県である全国大会に駒を進めた。2位は北吉井ボンバーズ、3位は余土っ子ファイターズだった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。