ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
724日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

東温

ベルトの上、夢中で渡る スラックライン体験会

2019年6月19日(水)(愛媛新聞)

夢中になってスラックラインに挑戦する子どもら

夢中になってスラックラインに挑戦する子どもら

 ベルトの上を歩いて技を繰り出すスラックラインのインストラクター検定会と体験会(日本スラックライン連盟主催)が16日、東温市上村の「かすみの森公園」の専用パークであり、県内外の約150人が参加した。

 スラックラインを普及しようと、松山市のアゼリア体操クラブで実施した昨年に続き開催。体験会では親子連れがインストラクターにこつを教わりながら、夢中になって3~14メートルの長さのベルトを渡った。慣れてくると両手で上手にバランスを取り、進む距離を延ばしていった。

 体操クラブで体験したことがあるという松山市の垣生小学校4年男子児童(9)は「長い距離を渡るのは初めてですごく揺れて難しかった。機会があったらまたやりたい」と楽しんでいた。

 実技試験と、安全に指導するための知識を問う筆記試験があるインストラクター検定は県内外の13人が挑み、B級に2人、C級に6人が合格した。種類別の技能検定もあった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。