ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権 陸上女子3000

西原(新居浜西)優勝 勝ちきって成長の証し 最後の全国総体へ

2019年6月18日(火)(愛媛新聞)

【女子3000メートル決勝】先頭でレースを引っ張る新居浜西・西原愛華(右)=徳島県ポカリスエットスタジアム

【女子3000メートル決勝】先頭でレースを引っ張る新居浜西・西原愛華(右)=徳島県ポカリスエットスタジアム

 17日に行われた四国高校選手権大会の陸上女子3000メートル決勝。先頭を一度も譲らず逃げ切った西原愛華(新居浜西)が9分40秒18で頂点に立ち、最後のインターハイに向けて弾みをつけた。

 留学生選手も出場したレースで、いきなりトップに立った。「集団の流れについて行こうと思っていたが、誰も出なかったので」と西原。残り4周から後続との差を広げて、独走態勢に入った。

 ところがラスト1周で各選手のスパートが始まると、リードはみるみる縮まった。最後の直線に入ると、スタンドからの大歓声で「後ろが来ているのは感じていた」。それでも2位に約1秒差で競り勝ったのは、持ち前のハートの強さがあったからこそ。ゴール後に倒れ込み「自分でレースを引っ張るしんどさがあった」と思わず本音をこぼした。

 新居浜西中時代に出場した2016年の都道府県対抗女子駅伝で区間1位タイとなるなど、県内の長距離界を引っ張ってきた。高校入学後、インターハイに毎年出場してきたが「決勝に残ったことがなく、出場するだけになっていた。最終学年の大会で結果を残したい」と、大一番への強い思いをにじませた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。