ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1216日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権 ソフトテニス

山岡鈴・山岡愛(女子今治北)準V 1年生健闘 可能性示す

2019年6月18日(火)(愛媛新聞)

【女子個人決勝】プレーの合間に声を掛け合う今治北の山岡愛(左)と山岡鈴=松山中央公園テニスコート

【女子個人決勝】プレーの合間に声を掛け合う今治北の山岡愛(左)と山岡鈴=松山中央公園テニスコート

 ソフトテニスの女子個人は今治北の双子ペア、山岡鈴と山岡愛が1年生ながら準優勝を飾った。山岡鈴は「決勝に残れると思っていなかった。すごくうれしい」とはにかんだ。

 2人が横並びにポジションを取り、好機を見極め、前に詰めるスタイル。決勝は尽誠学園の3年生ペアに完敗したが、山岡愛は「前に出て決められたポイントもあった」と手応えもつかんでいた。

 昨年の全国中学校体育大会で準V。2人は高校生のプレーのレベルを「テンポが速い」と分析し、適応に励む。安部監督は「相手強打への対応が鍵」とし、伸びしろに期待した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。