ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞づくり体験学習講座

吉岡小(西条市)4年「学級新聞をつくろう」

2019年6月17日(月)(その他)

 

 

 

 

  西条市の吉岡小学校で6月17日、4年生30人を対象にした「新聞出前講座」を実施しました。児童は3~4人グループでA2サイズの「学級新聞」づくりに取り組みます。新聞に盛り込むメニューや役割分担を決めたり、記事の書き方、見出しのつけ方、レイアウトの基本などを学びました。

 講座は45分の2コマで行いました。まず、題字や見出し、写真、記事といった新聞の構成要素を確認。重要な記事の配置個所である「アタマ」「カタ」「ヘソ」についてもクイズ形式で紹介しました。

 続いてグループに分かれて、児童らは新聞に載せるメニューを話し合いました。運動会、遠足、少年消防クラブ入団式、クラブ活動、プール授業など記事にして伝えたい内容を出し合い、誰が担当するかもワークシートに記入しました。

 記事の書き方では、5W1Hを盛り込んだリード文の必要性を理解した後、各自が担当する記事の第一段落(リード文)を、いつ、どこで、誰が、何をした・・・なをど当てはめて整理し、文章にしました。

 見出しの学習では、講師が、記事の内容を短い言葉で表すのが見出しであることを強調。さらに「○○について」というのはタイトル、「○○がどんな様子だったか」を示すのが見出しであると説明しました。そして他校の4年生が制作した学級新聞の見出しを示しながら、その違いを説明しました。

 最後はレイアウトについて簡単に説明。3~4人で効率よく仕上げるために、別々の用紙に自分が担当するスペースの記事や見出しを書き、貼り合わせて完成させる方法を伝えました。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。