ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権 サッカー

新田無念 逆転負け 今治東も初戦敗退

2019年6月17日(月)(愛媛新聞)

【男子1回戦 新田―大手前高松】後半20分、新田・福井がPKを決めて2―1とする=ニンスタ

【男子1回戦 新田―大手前高松】後半20分、新田・福井がPKを決めて2―1とする=ニンスタ

【男子1回戦 今治東―高知】後半、シュートを放つ今治東・山内(右)=県総合運動公園補助競技場

【男子1回戦 今治東―高知】後半、シュートを放つ今治東・山内(右)=県総合運動公園補助競技場

【男子1回戦 新田―大手前高松】後半20分、新田・福井がPKを決めて2―1とする=ニンスタ

【男子1回戦 新田―大手前高松】後半20分、新田・福井がPKを決めて2―1とする=ニンスタ

【男子1回戦 今治東―高知】後半、シュートを放つ今治東・山内(右)=県総合運動公園補助競技場

【男子1回戦 今治東―高知】後半、シュートを放つ今治東・山内(右)=県総合運動公園補助競技場

 サッカー男子は県1位の新田、2位の今治東ともに初戦で敗退。地元開催の大会で四国の強豪を打ち破ることはできなかった。

 新田は香川2位の大手前高松を相手に、球際の戦いで優位を保ち、後半2分にセットプレーから先制。いったん追い付かれたが、20分にDFから前線に上がった福井が混戦でPKを獲得し、自ら決めて再びリードした。

 勝利は目前だったが「最後に気が抜ける欠点が今日も出てしまった」と山田。終了直前の連続被弾で力尽き、福井は「リードして堅く守れていたと思うが、詰めが甘かった。全国までに改善したい」と課題を挙げた。

 今治東は底上げを図るため、出場経験の浅い選手を中心に編成。高知1位の高知に対し一時は主導権を握ったが、相手の縦に速い攻撃を防ぎきれず2点を失った。

 惜しいシュートを放った菅は「いつもベンチなので、何としても結果を出したかった」。県総体で10番を背負い、この日フル出場した山中は「普段と違うメンバーで連係が難しかった。自分が決められなかったことが敗因」と悔やんだ。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。