ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権

陸上・女子七種競技 1年生越智(聖カタリナ)栄冠 「全種目で自己新目指す」

2019年6月17日(月)(愛媛新聞)

【女子七種競技】4305点で初優勝した聖カタリナ学園・越智心愛(中央)。最終種目の800メートルで力走する=徳島県ポカリスエットスタジアム

【女子七種競技】4305点で初優勝した聖カタリナ学園・越智心愛(中央)。最終種目の800メートルで力走する=徳島県ポカリスエットスタジアム

 女子七種競技では1年生の越智心愛(聖カタリナ学園)が4305点と実力を示して初優勝を飾った。

 「練習から動きの切れが良かった」という初日の100メートルハードルでは、1台目から「理想通りのアプローチができた」と快走し、自己ベストに迫るタイムで得点を稼いだ。

 このままの流れで得点を重ねていきたかったが、その後は荒天の影響で記録が伸び悩んだ。2日目も予想以上の疲労から目標にしていた走り高跳びでの優勝は諦め、「とにかく立て直そうと思って気合を入れ直した」と七種競技に集中した。

 最終種目の800メートルでは、総合得点で僅差で2位につけていた選手が隣のレーンに。相手を意識し「ちょっと飛ばしすぎたかな」というほど前のめりに足を進めたが、要所を見極めた走りで終始トップを譲らずに栄冠をつかんだ。

 県高校記録まであと459点。「全種目で自己ベストを更新して記録を塗り替える。3年生にも負けずにインターハイでは入賞したい」と貪欲な姿勢を見せた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。