ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国高校選手権

重量挙げ 新居浜南3階級V

2019年6月17日(月)(愛媛新聞)

【男子102キロ超級】ジャークで136キロを成功させ逆転優勝した新居浜南・近藤和哉=新居浜市重量挙練習場

【男子102キロ超級】ジャークで136キロを成功させ逆転優勝した新居浜南・近藤和哉=新居浜市重量挙練習場

【ジャーク逆転「自信あった」 男子102キロ超級 近藤】

 2選手がエントリーした男子102キロ超級。新居浜南の近藤和哉はスナッチ終了時点で相手に10キロ差をつけられたが、得意のジャークで15キロ上回って逆転し「自信はあった」とうなずいた。

 主将を務め、自身の試技以外は仲間のセコンドに入った。選手の調子や試合の流れを読み、試技の重量を決めるなど責任を担った。団体戦は6連覇を狙った女子が苦杯をなめたが、「引退や記録への挑戦などそれぞれに思いがあった。精いっぱいチームで戦えた」と汗をぬぐった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。